睡眠時無呼吸症候群

  • HOME
  • 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠時に呼吸が10秒以上止まる「無呼吸」が1時間に5回以上起こることをいいます。
睡眠中に無呼吸が起こるのは、気道の通り道である上気道が塞がるためです。
無呼吸が続くことにより体への負担がかかり高血圧や心疾患になってしまったり、眠気がいつも続き、他人を巻き込む事故にも繋がりかねません。
症状としては、いびきや昼間の眠気、倦怠感、熟睡感がない、起床時の頭痛などがみられます。

当院では、問診、鼻内、口腔内などの診察を行った上で、検査結果に応じて各々の患者様の状況に合った治療を考えていきます。
また、CPAP(シーパップ)治療をご案内できます。
CPAP(シーパップ)治療とは、機械で圧力をかけた空気を鼻から気道に送り込み、気道を広げて睡眠中の無呼吸を防止する治療法です。

軽症の場合

軽症の場合は生活指導で改善できます。無理なダイエットや横向きに眠る・枕を高くして眠る、飲酒をすると症状が悪化することがあるのでその様な習慣を改善する必要がございます。

OSASの診断

診療の流れ

OSASの確定診断には睡眠に関連する複数の項目を同時に測定する終夜のポリソムノグラフィー(PSG)が必須です。しかし終夜検査を支える体制や設備などの制約により全例にPSGを施工することは困難dす。その際はOSASが疑われる患者様にはまずスクリーニングもしくは簡易検査を行い、さらに睡眠状態や呼吸状態をより詳しく把握する必要がある場合には、PSDを施行します。

OSASの治療

診療の流れ

OSASの治療は、生活習慣に関する指導と、内科的治療、外科的治療、歯科装具に大別できます。なかでも中=重症OSASの治療にはマスクを介して陽圧をかけるCPAP療法が第一選択と言われています。

OSASが軽症の場合には生活習慣の改善や減量により睡眠時の無呼吸が軽減したりなくなることもあります。

内科的治療

【CPAP療法】
マスクを介し軌道内に陽圧をかけ、気道の閉塞を防ぐことにより無呼吸を取り除く療法です。CPAP本体から鼻マスクを介してあらかじめ設定した陽圧を気道へ送り、気道を常に陽圧に保つことにより、気道の閉塞を防ぐいわば“空気の添え木”のような役割を果たします。重症OSASにおいてCPAP治療群と無治療群を比較した場合、CPAP治癒群のほうが多くの研究によって中等~重症OSASに対して治療効果が証明されています。

【薬物療法】
比較的軽症のOSAS症例に呼吸刺激性のあるアセタソラミドなどの薬物療法を用いることがありましがその効果には限界があります。

外科的治療

【UPPP】
口蓋垂などを切除し、軟口蓋、口蓋弓を含む中咽頭部の過剰粘膜を切除・短縮縫合し、上気道を拡大させる手術です。閉塞や狭窄部位が咽頭に限定される場合は有効なこともありますが術後に咽頭痛、飲料が鼻に逆流するなどの問題が起こることもあります。

歯科装具

歯科装具はいびき症や軽度のOSAS患者様、またはCPAPがどうしても受け入れられない患者様に用いられます。患者様ごとにマウスピースを作製し、上下の刃の骨に固定して、下顎を前方に引き出すことによって咽頭に適度な空間ができ閉塞を軽減させます。顎関節の痛み、唾液の分泌がおおくなるなどの副作用が報告されています。歯科医師が診断の可能な医科医療機関などからに情報に基づき、歯科装具を製作した場合に、保険算定ができます。

CPAP療法

期待される効果

CPAPによる臨床効果として無呼吸・低呼吸・低酸素状態の改善、睡眠の質の向上や日中睡眠の解消、合併症の予防・改善や生命予後の改善、交通事故リスクの軽減、心疾患イベントを減らすことにより、死亡率を低下させることなどが報告されています。

CPAPの副作用

期待される効果

CPAPには重篤な副作用はほとんどありませんがマスクによる皮膚のかぶれ、マスク周りの空気漏れによる不快感、口鼻の乾燥、鼻症状などがあげられます。空気の飲み込みにうよる腹部膨満感に対しては、腹部症状改善効果のあるジメチコンなどの薬物療法を用いることがあります。

CPAP装置・CPAP用マスクの種類と選択

CPAP療法には主に固定CPAPとオートCPAPが用いられます。以前は処方された一定の陽圧を供給する固定CPAP装置が一般的でしたが、現在ではオートCPAPの開発が進み、CPAPの至適圧の選定の補助や導入初期の治療効果に多用されるようになりました。固定CPAPに対して不快感を訴える患者様や高い圧を必要とする患者様、必要な圧力が体位や日によって大きく異なる患者様にはオートCPAPが適応となります。
最近は機器の多機能化により患者様に応じてさまざまな治療モードを選択でき、また小型化によりライフスタイルに応じた使用も可能になっています。またCPAP療法はマスクの選択と適切なフィッティングが重要です。軽量化、クッション材質の改善が進みより患者様にあったマスクを選択することができます、またパーツ数も少なくお手入れもしやすくなっているため、患者様の負担を減らすことができます。

ご予約・お問い合わせ

お問い合わせ先:
さかた耳鼻咽喉科クリニック

TEL 0968-69-3310
FAX 0968-69-3320

診療時間
月曜日~金曜日 9:00~13:00/15:00~18:00
土曜日 9:00~13:00/14:00~15:30
休診日
水曜日午後・日曜日・祝日

問診表の印刷はこちらから